熊本県庁ホームページ
 熊本県庁ホームページ
現在の桜並木付近
大正初期の東中野駅付近(甲武鉄道)
リンクの時にお使いください
リンクバナー
下のバナーで外部にリンクします
     外部リンク
東部区民活動センター運営委員会
桃園区民活動センター運営委員会
宮桃町会
東中野5丁目小滝町会
東中野4丁目町会ホームページ
中野三中1970年卒業生同期会
'70年卒同期会
QRコード
スマホで見る!氷川町会ホームページ♪

中野区の便利情報

中野区防災気象情報
中野区防災気象情報

ごみの分別を助けます

中野区ごみ分別アプリ(無料)
中野区ではごみの収集日やごみの出し方、出す時の注意点、ごみ分別辞典、よくある質問など、ごみに関する様々な情報を身近なスマートフォンを利用して簡単に確認できるアプリケーションをリリースしました。ダウンロードは無料です。ぜひ、ごみの分別や資源化のためご利用いただき、尚一層のごみ減量、ごみ排出マナーの向上にご協力下さい。

android端末用 QRコード

iOS端末用

QRコード

地域のトピックス

ひがしなかの EKIHIROフェスタ こどもまつり

5月7日(日)東中野駅西口広場で午前10時~午後3時まで開催されました。氷川町会では「水ヨーヨー釣り」「ホットドッグ」「バルーンコーナー」を担当しました。全部が完売の大盛況でしたよ~♪

気持ちのよい5月の風が吹く、最高の天気の中で多くの親子連れで賑わいました。楽しんでいただけましたでしょうか?

実行委員、町会のお手伝いの皆様大変にお疲れ様でした♪

東部まつり運動会

10月16日(日)第十中学校で東部地域の町会連合会で運動会が開催されました。14町会が対抗戦で競う運動会です、今回は第7位でした。晴天のもと、ケガ人も無く無事に終了しました。役員、参加者の皆様お疲れさまでした!

ひがしなかのEKIHIROフェスティバル Part2

7月31日(日)午後4時から

「ひがしなかのEKIHIROフェスティバル」を開催しました。

 震災の復興支援として氷川町会は「福島県・須賀川市の物産」販売、東中野ギンザ商店街では「熊本県物産」の販売を行い、夕方には完売しました!お買い上げ本当にありがとうございました。

また、模擬店では「くじ引きコーナー」「金魚すくい」を氷川子ども会の役員さん、東中野睦会のみなさん達と行いました。

 途中、夕立もありましたが大きな影響も無くステージ、模擬店も多くの来場者で大盛況!!とても楽しい時間でした。

夏の夜にハワイアン・フラダンスや最後の沖縄の民謡は全員でカチャーシーを踊りました。

2016年 ひがしなかのEKIHIRO フェスタ Part1終わりました

4月3日(日)町会、子ども会のみなさんにご協力いただいた「ひがしなかのEKIHIROフェスタ」は大賑わいで終了いたしました。

ご協力大変にありがとうございました。また、夏あたりに性懲りもせず企画しているようですから、またよろしくお願い致します。

2015年3月1日、東中野駅西口駅前広場オープン!

 私(編集者)が子ども(嘘?)頃から続いていた山手通りと仕上げの駅前広場の工事がこれで終わりと思うと「やっと終わった長かったなぁ~」というのが正直な感想です。

 駅の近所で生まれ育った環境のために、昔の山手通りの商店街の記憶もあり、山手通り地下の首都高速道路工事、西口駅広の空中地盤を作るための桜橋陸橋の架け替えなど、まさに土木・建築技術の進歩がなければできなかった事業でしょう。

大江戸線の深さにも驚きましたよね。

 東中野駅前広場は、昭和32年に都市計画決定され、平成9年に東京都、JR、中野区の3者調整で事業主体を中野区とし、長い時間をかけて整備を進めてきました。

 西口周辺では環状6号線地下の、首都高速道路中央環状線が平成19年12月に開通し、環状6号線街路の中野区内での整備はほぼ完了しています。

 JR東中野駅西口は、都営大江戸線との連絡口になっており、十分な幅員の自由通路の整備が望まれていました。工事完了後は、駅前広場と駅舎が接続され、交通の利便性・安全性が向上します。

 また、都市景観の向上と地域活性化の拠点として交流機会の増大が見込まれます。

 式典には中野区長をはじめ、駅周辺の町会・自治会町、衆院、都会、区議会の議員、駅長、各関係者のあいさつ紹介の後、オープニングテープカットが行われ、いよいよ駅前ロータリーに車が入ります。

 なお、3月2日から駅前広場のバスの停留所にバスが停まるようになります。今まではバスに乗るにも、タクシーに乗るにも車寄せが無く不便でしたが、これからは便利になると思います。

 さて、「西口駅広」はこれで完成ですが東中野駅周辺にはまだ課題があります。それは「東口側の再開発」です。西口駅広の話題に隠れていましたが、地域では地道に話し合いを続けています。 駅のバリアフリー化、線路の南側と北側の行き来のしにくさ、景観を含めこれから話し合いが活発になっていくと思われます。